本当にすごいと思ってる?女性に避けられがちな「ホラ吹き男子」

38

女性にもてたければ、ちょっと自分のすごいエピソードを自慢したくなるもの。それはそれで構いませんが、ほどほどにとどめるのがポイントです。自慢話に上乗せする「ホラ吹き」はなおさらダメですよ。

■嫌われまくるホラ吹き男子:
とある男子学生と知り合った女子大生。同じキャンパスでゼミが一緒なこともあり、仲良くなっていきました。でも、そのうち彼の自慢話がいちいち鼻につくように。「俺、今は落ち着いてるけど、1・2年の頃は彼女が途切れなくてね。○○ゼミの女なんか、みんな俺と付き合ってたんだよ」、こんな面白くもない自慢を聞いたのだそう。

後で彼女が色々聞いて回ったところ、付き合うどころか彼と面識すらないとのことでした。「どうりで目が合っても向こうからの反応がないと思った」と、呆れる彼女。

■自信がないから美化する:
こういう突拍子もないホラ吹きを、真に受ける女性はいません。表面では「すごい」と言ってくれますが、心の中では「空威張りの嘘の自慢は白々しい」と思われるのが関の山です。

そもそも、こんな自慢をしてくるのは「本当は自分に自信がないから」と見抜いています。こういう男性は仲良くなると面倒ですから、女性は最初から相手にしません。

■相手を褒めてあげて:
自分に自信がなかったら、まず相手を褒めることから始めましょう。良いところをどんどん見つけて評価してあげてください。そうすることで、女性の方もあなたの素敵なところを見つけてくれますよ。そうしたことがあなたの自信につながっていくのです。

細かすぎ!「こだわり男子」に気をつけて

37

女性に好きな男性のタイプを聞くと、「面白い」「優しい」などと返ってきますが、逆に嫌いなタイプを聞くと「細かい人」「うるさい人」「ネチネチ言う人」と答えてきます。こんな性格だったら恋愛対象としてはアウトだそうです。

■些細な失敗にネチネチ絡む:
とある女性が、友人の男性と遊びに出かけたときのことです。電車の遅れが生じて数分ほど待ち合わせに遅れたのですが、謝ろうとすると彼はイライラ。「何分待ったと思ってるんだ、待ちくたびれたよ。君って本当に遅刻魔だよね。この間だって・・・」とネチネチと説教を始める友人男性に彼女はうんざり。彼女が電車を止めた訳ではありません。

■そういう自分は?:
そういう男性に限って、自分はしっかりしていないことが多いのです。自分はしょっちゅう遅刻するくせに、「ほんの数分も待てないのかよ」と逆ギレする始末。人のことを言う前に自分のことをしっかりして欲しいですよね。

■細かすぎて息苦しくなる:
こういう男性は数分の遅刻に限らず普段の生活態度にまであれこれ口出しをしてきます。自分のことはさておきなのも腹立たしいですし、何より一緒にいて息苦しいと女性が遠のいていきます。

■不満は一度にとどめて、おおらかな心を持って:
不満は一度にとどめて、蒸し返さないように気をつけましょう。また、インドの教えでは、「人は何かしら他人様に迷惑をかけるものだから、相手の迷惑を許してあげなさい」と言われます。この教えを恋愛に応用して、おおらかな心で女性に接してあげましょう。余裕のある楽しい恋愛に進むことができますよ。