本当にすごいと思ってる?女性に避けられがちな「ホラ吹き男子」

38

女性にもてたければ、ちょっと自分のすごいエピソードを自慢したくなるもの。それはそれで構いませんが、ほどほどにとどめるのがポイントです。自慢話に上乗せする「ホラ吹き」はなおさらダメですよ。

■嫌われまくるホラ吹き男子:
とある男子学生と知り合った女子大生。同じキャンパスでゼミが一緒なこともあり、仲良くなっていきました。でも、そのうち彼の自慢話がいちいち鼻につくように。「俺、今は落ち着いてるけど、1・2年の頃は彼女が途切れなくてね。○○ゼミの女なんか、みんな俺と付き合ってたんだよ」、こんな面白くもない自慢を聞いたのだそう。

後で彼女が色々聞いて回ったところ、付き合うどころか彼と面識すらないとのことでした。「どうりで目が合っても向こうからの反応がないと思った」と、呆れる彼女。

■自信がないから美化する:
こういう突拍子もないホラ吹きを、真に受ける女性はいません。表面では「すごい」と言ってくれますが、心の中では「空威張りの嘘の自慢は白々しい」と思われるのが関の山です。

そもそも、こんな自慢をしてくるのは「本当は自分に自信がないから」と見抜いています。こういう男性は仲良くなると面倒ですから、女性は最初から相手にしません。

■相手を褒めてあげて:
自分に自信がなかったら、まず相手を褒めることから始めましょう。良いところをどんどん見つけて評価してあげてください。そうすることで、女性の方もあなたの素敵なところを見つけてくれますよ。そうしたことがあなたの自信につながっていくのです。